ベーシック

PO(プルオーバー)

引き上げられた腕を、前後に動かし肩甲骨と胴体前面の連動性や動きを出していきます。 肩甲骨周辺のインナーマッスル、上腕伸筋などにストレッチをかけ、筋肉を伸縮し柔軟性を向上させます。四十肩や肘、 手首の痛みの原因に対してアプローチすることが出来るトレーニングマシンです。

メイン画像1

  • メイン画像2
  • メイン画像3

標準シートカラー(ブルー)
カラータイプスタンダード

シート特注カラー変更 ¥50,000(税込)

  • カラータイプ1
  • カラータイプ2
  • カラータイプ3
  • カラータイプ4
  • カラータイプ5
  • カラータイプ6
  • カラータイプ7
  • カラータイプ8
  • カラータイプ9

※画面上の色調は実物と多少異なる場合がございます。


商品名PO(プルオーバー)
価格¥1,296,000(税込)
リース月額¥24,624(税込)
外形寸法W1300×D1490×H1500
重量190.0kg
備考※ベーシックマシンはご発注頂いてから2ヶ月後の納品となります。

※リースは5年60回お支払い、料率は1.9%で計算しております。(料率はリース会社の審査により異なります)

※マシン標準カラーは、フレーム:ホワイト、シート:ブルーとなります。

※配送費は別途頂戴いたします。

※商品の仕様は改良などにより予告なく変更することがございます。
 

Q.プルオーバーはどんなマシンなの?

肩甲骨の可動域を広げ、広背筋と上腕伸筋とのバランスを高めることが出来るマシンです。

Q.プルオーバーは何に対して有効なの?

肩周辺に痛みがある場合、腕の付け根や脇腹の連動性が低下している事が少なくありません。肩腕の緊張を高めずにそれらの周辺部位の伸張性を出し、腕肩の負荷を軽減できれば緊張緩和に有効です。

また様々な肢位で行って効果を高められます。鎖骨や肩につまりがある場合やより可動域を出したい場合は、横向きで片腕ずつ行うと有効です。

画像2

Q.競技力の向上は見込めるの?

プルオーバーを行い、重心移動時や肩腕回旋時に、うまく骨盤周辺の体幹部から肩甲帯、広背筋、末端部へ力が溜め込めると力の伝達効率が高まります。しかし、肩甲帯と骨盤周辺の体幹部をうまく使えるようにするには、肩甲骨に充分な柔軟性があり、力を一瞬抜いたリラックスした状態を作る必要があります。

プルオーバーの動作はサッカーのスローインや、野球のピッチング、テニスのサーブ動作において、溜め込まれた力を解放する動作に似ています。プルオーバーの動作を反復することで、肩甲骨周りの弾力性を改善し、スポーツの各局面で、溜め込まれた力を解放するための、動作のタイミングを習得することが出来ます。

画像3

▸ 導入の流れに関してはこちらへ

ページのトップへ