リピート率・継続率100%のゴルフスクール運営!

 「ゴルフ×健康」なぜゴルフにコンディショニングが必要か!

マシン使用前後での肩甲骨の動きの違いを確認

マシン使用前後での肩甲骨の動きの違いを確認

飛距離アップや生涯ゴルフを楽しむための身体作り

飛距離アップや生涯ゴルフを楽しむための身体作り

~Hogrel×Golfスタート!!~

…去る2016年1月24日にホグレル本社にて坂井プロのゴルフコンディショニングセミナーを開催しました。
セミナーでは、ジュニアの活動や、コンディショニングをなぜ取り入れ、実施•研究し、広げようとしているのか?ゴルフレッスンの現場からフィットネス導入が必要な理由など、ストレッチとゴルフスイング指導の相関性など現場で行っている実例を具体的にお話し頂きました。
そして、急遽お話しいただいた日本ゴルフフィットネス協会の岡森さまにもご登壇頂き、成長期であるジュニアゴルファーに対してのアプローチについてお話をして頂きました。

~身体が変われば、ゴルフが変わる~

固定概念や先入観も大事ですが、「今までのやり方は正しいのか??」と疑問を持つ事。そして現状を変えていく行動が必要だと思いました。うまくいっている時も、ダメな時もやり方を変えるには勇気が必要。時には不安になる気持ちも。「ゴルファーが良くなるためだったら1回のレッスンで球を打たない事だって当たり前」。そんな刺激的な言葉も飛び出て、坂井様から実際のスクールでおこなっているコンディショニング方法や身体の評価について、実践していただきました。ホグレルで身体の調子を普段から整えて頂いている方々からは、いつもラウンドして痛くなるところが今回は無かったと言った声も頂いているとのこと。肩甲骨や股関節の動きがよくなれば、当然スイングも変わるので、修正していくにはチャンスです。でも、腰痛や肩こりを改善することも日常生活が楽なり、辛いよりは快適に過ごせる。医療や介護予防に繋がることも期待出来るかもしれませんね。今よりも身体が動くようになる可能性を十分に秘めているから続くのです。身体が変われば日常生活も今よりもっと楽になります。ゴルファーにとってコンディショニングは必要不可欠です。
しかし、コンディショニングの概念がまだまだ普及していないことも現状を打破し、数ある素晴らしいゴルフスクールの中の一つで、コンディショニングを中心に取り入れていおります。
新しいスタイルのやり方はこれからの未来を作っていきます。ルールブックにはのっていない事をやっているゴルフスクールに、ワクワクする気持ちでいっぱい。

~ジュニア育成の意義や重要性~

ある程度の所まで行くと、自分の身体について知ることがブレイクスルーとなる。それを伝えるために活動を行っている。
ゴルファーが健康になれば、技術が上達する。長く続けられる。
ゴルファーが上達するためには、健康で長く続けること。上達・継続・楽しむことが必要。
「生涯ゴルフ」をテーマに指導者の育成を行っている。
この概念をジュニアから伝えていきたいということを坂井様・岡森様は思い、共感しております。
子供の時から、様々なスポーツに触れ、得意な競技を専門にしていく。
その中で身体能力の高い子どもたちが増えていくことがアスリートを作っていく。3~13歳が人の持つ、身体能力が一番高まる時期。その時間がとても大事。

~ホグレルで出来ること~

100人いたら100とおりの上達方法や身体の動かし方がある。
それぞれに合った上達の道をたどるためにも身体作りが重要であることを皆様にお伝えしていただきました。
今後もホグレルは「ゴルフ×コンディショニング(ゴルフに健康を!)」をテーマに多くのゴルファーの皆さま「健康」と、「ゴルフの楽しさを伝える」サポートをさせて頂きたく思っております。
SSグランドの岩立様、古川様、渡邊様に感謝で
この場所に集まって、コンディショニングの重要性を話しあったり、新しい可能性にきっかけを感じたり。皆さんのお話ししている姿や眼差しをみて、本当に嬉しい気持ちでした。この想いを少しでも形に出来るようもっと頑張ります。多くのゴルファーの方々に喜んでもらいたいと思います。

ゴルファーに上達の喜びを

ページのトップへ


日 程
2016年1月24日(日)
時 間
10:00 ~ 12:00
会 場
是吉興業株式会社(ホグレル本社)
住 所
東京都板橋区大原町36-18 ホグレルビル
電 話
03-5970-7833
料 金
2000円/1名
定 員
15名(先着順)
ダウンロード
申込用紙ダウンロード